• このエントリーをはてなブックマークに追加

東大阪のエクステリア工事でバリアフリーを実現

個人差はありますが、誰しも年齢を重ねると、以前に比べて体が思うように動かないと思うようになります。玄関アプローチの階段がきついと感じたり、小さな段差につまづいたりすることも増えてきます。外に出るのが億劫になってしまう前に、バリアフリー化の検討を始めましょう。
バリアフリーの目的は、危険を減らすことです。躓きやすい段差や滑りやすい場所をなくすことが基本になります。
バリアフリー化には、現在のエクステリアを活かして一部を改装する方法と、全体的にリフォームする方法があります。全体的な劣化の状況や、費用面などを考えて選ぶことが大切です。
エクステリアの分野でも、高機能な新製品が次々に登場していることを考えると、リフォームは早いほどよいとは言い切れません。一般的には50代からがバリアフリー化を始めるタイミングです。

エクステリアをバリアフリー化する方法

エクステリアのバリアフリー工事でもっとも多いのが、手すりとスロープの設置です。玄関は道路より高くなっているため、階段があることがほとんどですが、手すりをつけることで、転倒リスクを下げられます。足元に補助照明をつけるのもよいでしょう。暗くなると自動的に点灯するものや、人感センサー付きのものがおすすめです。
スロープを設置すれば、車いすでの出入りもしやすくなります。スロープに沿って手すりをつければ、躓き防止になるほか、歩行訓練にも使えます。
洋風住宅では玄関や門扉はドアタイプが一般的ですが、力がなくなってくるとドアの開け閉めが大変になります。玄関の横幅がある場合には、引き戸へのリフォームを検討してみましょう。引き戸にすれば楽に開閉出来て、車いすの方も使いやすくなります。

エクステリアをバリアフリー化するときの注意点

バリアフリーを考える際には、車いすの幅が基準になります。車いすでスムーズに移動するためには、1メートル前後の幅が必要だと考えておきましょう。
スロープを設置する場合は、幅に加えて角度にも注意する必要があります。スロープの角度についてはバリアフリー法の基準を参考にしてください。東大阪のエクステリア業者に相談すれば、アドバイスをもらうことができます。
素材選びも重要なポイントのひとつです。雨の日に滑りにくい素材を選んだり、表面仕上げの方法を工夫したりすることも必要になってきます。
また、車いすを利用する場合は、車いすに座った状態で鍵が開けられる高さに鍵穴を設置できればなお良いです。エクステリアリフォームは、東大阪でバリアフリーの経験が豊富な業者に依頼することをおすすめします。

ピックアップ記事

東大阪のエクステリア工事でバリアフリーを実現

個人差はありますが、誰しも年齢を重ねると、以前に比べて体が思うように動かないと思うようになります。玄関アプローチの階段がきついと感じたり、小さな段差につまづいたりすることも増えてきます。外に出るのが億...

車庫も作れる東大阪のエクステリア会社

車がある家庭では、どこにどのように駐車するかが問題となります。駐車スペースも、エクステリアの一部です。屋根のない場所に置く場合は、駐車場やカースペースと呼ぶのが一般的です。屋根だけがある場合はカーポー...

東大阪のエクステリア工事でバルコニーをリフォーム

2階以上に、洗濯物を干すベランダやバルコニーがある家もよく見られます。ベランダとバルコニーはどちらも手すりがある点では共通していますが、両者の違いは屋根の有無にあります。屋根があるのがベランダ、ないも...

目隠しエクステリア工事を東大阪で行うには

隣家を見通せる場所に窓やベランダ、縁側などを設置する場合は、目隠しをする必要が出てきます。民法はこれらの施設が境界線より1メートル未満にある場合には、目隠しの設置を義務付けています。1メートル以上であ...