• このエントリーをはてなブックマークに追加

目隠しエクステリア工事を東大阪で行うには

隣家を見通せる場所に窓やベランダ、縁側などを設置する場合は、目隠しをする必要が出てきます。民法はこれらの施設が境界線より1メートル未満にある場合には、目隠しの設置を義務付けています。1メートル以上であっても、近隣トラブルを未然に防ぐために、目隠しを設置することがおすすめです。
近年ではオープン外構と呼ばれる外壁やフェンスのない家が増えています。オープン外構は狭い敷地でも圧迫感がなく、車の出し入れが楽なこともメリットです。その一方で、隣家との境界があいまいになったり、第三者が勝手に敷地に入るなどしてトラブルに発展するリスクも含まれてしまいます。これらの場合には、後からフェンスをつけることも検討してみましょう。

目隠しエクステリアの種類

目隠しの方法は主に外壁、フェンス、植栽の3種類です。ブロックやレンガなどの外壁は圧迫感があるものの、外部からの視線を完全に遮ることができます。耐久性も高いですが、地震などの際に倒壊してしまう危険性がないとは言い切れません。
目隠しフェンスはさまざまな素材、デザインのものがあり、設置場所や目的により選べることがメリットです。もっとも一般的なのは、ブロックの上に設置する木目調のアルミフェンスで、地面に垂直の柱を並べるスクリーンフェンスも人気があります。ルーバーフェンスは、通気性を保ちつつ目隠しをしたい場合におすすめです。風が抜けるので、強風でも壊れにくいメリットもあります。暗くなるのがいやだという場合は、ポリカーボネートと呼ばれる透明タイプの素材がよいでしょう。
やわらかい印象を与えたい場合には、植物を植える方法という方法もあります。どんな植物がよいのかは、東大阪のエクステリア業者に相談してみましょう。

東大阪で目隠しエクステリア工事をする際の注意点

目隠しを設置する場合は、まず目的を明確にすることが重要です。隣家との間に設置する目隠しの素材は、隙間から覗き込めたりしないようなものが適していますが、近隣住民の方からの印象を悪くしないよう拒絶しているような印象を与えかねない高すぎるものなどはできるだけ避けるとよいでしょう。
窃盗犯などが侵入する可能性のある道路側は、塀やフェンスをやや低くして見通しをよくする方が安全です。リビングの外側は、風通しや明るさなどを重視した素材や高さを、選ぶ必要が出てきます。
お風呂場のすりガラスは、夜間、外からシルエットがしっかり見えていることも多いものです。窓の外側に通気性のあるスクリーンパネルを取り付けたり、フェンスを設置することを検討してみましょう。
ここまで紹介したとおり、隠したい場所により、適した方法は違ってきます。東大阪で目隠しの設置を考えているのなら、専門業者に相談してみることをおすすめします。

ピックアップ記事

東大阪のエクステリア工事でバリアフリーを実現

個人差はありますが、誰しも年齢を重ねると、以前に比べて体が思うように動かないと思うようになります。玄関アプローチの階段がきついと感じたり、小さな段差につまづいたりすることも増えてきます。外に出るのが億...

車庫も作れる東大阪のエクステリア会社

車がある家庭では、どこにどのように駐車するかが問題となります。駐車スペースも、エクステリアの一部です。屋根のない場所に置く場合は、駐車場やカースペースと呼ぶのが一般的です。屋根だけがある場合はカーポー...

東大阪のエクステリア工事でバルコニーをリフォーム

2階以上に、洗濯物を干すベランダやバルコニーがある家もよく見られます。ベランダとバルコニーはどちらも手すりがある点では共通していますが、両者の違いは屋根の有無にあります。屋根があるのがベランダ、ないも...

目隠しエクステリア工事を東大阪で行うには

隣家を見通せる場所に窓やベランダ、縁側などを設置する場合は、目隠しをする必要が出てきます。民法はこれらの施設が境界線より1メートル未満にある場合には、目隠しの設置を義務付けています。1メートル以上であ...