中綴じ冊子の印刷業者のおすすめの選び方

アルバムや写真集、自分史や小説、漫画などを自主出版する人が増えています。これらの冊子印刷するにあたって知っておくと良い基礎知識があります。製本は大きく分けてハードカバーとソフトカバーの2つの方式がありますが、より手軽に作れるのはソフトカバーです。ソフトカバーは綴じ方式が2種類あり、それぞれ特徴やデータを作成する時の注意点も異なります。綴じ方式は中綴じ冊子と無線綴じ冊子があります。中綴じ冊子は、ページを見開きにした状態の紙を重ね合わせて2つ折りにして中心を針で綴じる方式です。中綴じ冊子のページ数は4の倍数になり、背表紙は無いのが特徴です。無線綴じ冊子は表紙で本文を包むようにして紙を糊付けするタイプのもので、ページ数や紙の厚さに合わせた背表紙ができるのが特徴です。

中綴じ冊子の特徴と注意すべきポイント

中綴じ冊子はホチキスを用いて紙を止める形になりますので、ページ数が多い印刷物には不向きです。しかし、根本まで開くことができるというメリットがあります。無線綴じ冊子の場合は根本まで開くことができませんし、無理に開こうとすると糊が取れて冊子が壊れてしまう可能性があります。中綴じ冊子の印刷に向いているのは、写真を見開きでレイアウトしたい場合などで、プログラムやカタログなどがこの方式で作られています。無線綴じ冊子は、小説や読み物など、印刷したい部分が多いものに使われています。中綴じ冊子の綴じ部分をノド、見開いた状態の両端を小口と言いますが、中綴じ印刷を行う際に紙のサイズを揃えるために、小口の部分が断裁されます。そのため、文字や写真のレイアウトは余裕を持って行う必要があります。

中綴じ冊子の印刷を依頼する上で知っておきたいこと

中綴じ冊子のメリットとしては、無線綴じ冊子と比べると印刷費用が安いという点がありますが、印刷データを作成する際の注意点もいくつかあります。中綴じ冊子はノドの部分まで開くことができるため、ノドの部分に余白を作る必要はありませんが、製本をする時に若干ずれが生じますので、センターの部分に細かい文字などが来るレイアウトの場合、多少ずれてしまうことを承知しておくことが必要です。中綴じ冊子は4の倍数で冊子を作製する必要があるため、ページ構成を考慮しなければなりません。印刷業者とやり取りをする際に、ページ数の数え方の法則を知っておくとスムーズです。表紙は表1、そこと一続きの裏表紙は表4、表1の裏を表2、表4の裏を表3と呼び、表2の次を1ページ目と数えるのが一般的な言い方となります。