印刷の一つの方法である中綴じ冊子の作り方

紙を真ん中で折って冊子になるように印刷、製本することを中綴じといいます。薄めの本のような仕上がりで、小冊子などに使われる印刷法です。完全に開くことができるため、パンフレットやカタログなどにしても見やすくよく利用される印刷法で、比較的ページ数の少ない印刷物に向いています。中綴じ冊子は印刷会社に依頼することで簡単に作ってもらえます。データは見開きの少ない状態か1ページごとの状態で作成し、印刷依頼します。ページ数が多い場合、紙がずれることから真ん中の用紙ほど印刷部分が小さくなるため、レイアウトに注意が必要です。また構造上4ページ単位での原稿作成が基本となります。印刷会社への依頼であればある程度の厚み、サイズ、デザインに対応してくれますので、見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

中綴じ冊子の印刷で気を付けたいポイント

中綴じ冊子のデザインを考える場合、綴じ方向も合わせて考える必要があります。一般的に横書きの冊子であれば左綴じ、縦書きの冊子や雑誌などは右綴じ、台帳などは天綴じで作ります。紙の向きは縦型でも横型でも可能です。紙面の端まで写真や色を入れたい場合、「塗り足し」と言って、ずれが起こった場合にも対応できるよう、仕上がりサイズに対し3㎜ほど余分に幅を広げる工程が必要となります。反対に端まで文字が入る場合などは、綴じた後に端をそろえて裁断することで文字が切れてしまうこともあるため、3㎜ほど内側に配置しておく必要があります。印刷会社によっては、原稿を用意した後このような微調整を行ってくれるところもあり、見栄え良く直してくれますので、細かな部分こそプロに任せるのもおすすめです。

自分で印刷可能、中綴じ冊子はコンビニで

部数がそれほど必要ない場合などは、印刷会社に依頼するのではなく、自分で作りたいという方も少なくありません。たくさん作って在庫を抱えることなく、コストも必要以上にかけずに中綴じ冊子を作る方法があります。実はコンビニのプリンターを使うことで上手に中綴じ冊子が作れます。方法は、まずは現行のデータを持ち込みます。この場合PDFファイルで用意しておくとよいです。メニュー画面から普通紙プリントを選択し、プリンターに原稿となるデータファイルを読み込ませます。カラーまたは白黒の選択、サイズの選択を済ませたら、小冊子印刷モードで綴じ方向を設定し、部数を入力したら印刷可能です。出てきた用紙を真ん中で折り、ステープラーで綴じたら完成です。ページの順番や配置を考えることも、用紙の並べ替えをすることも必要ありません。大変便利なコンビニのマルチコピー、ぜひ活用してみてください。

台本業界シェア70%超!(当社調べ)NHK様、民放キー局様、大手映画会社様にご利用頂いています映画や演劇等あらゆる上演シーンで使われる台本のご依頼なら東京都新宿区市ケ谷に実店舗あり。所属デザイナーがあなたの冊子づくりを後押し!モノクロ印刷のインクがマット!オフセットと遜色ない印刷面全国送料無料「もう間に合わない!」とりあえずお電話下さい。ミニコミ小冊子印刷大歓迎!小ロット多品種が得意です中綴じ冊子の印刷なら三公社をご利用ください。