• このエントリーをはてなブックマークに追加

東大阪でエクステリア工事する際に注意すべきこととは

東大阪で家を建てる際には、家の中だけでなく外側まで含めて考える必要があります。エクステリアとは家の外観のことです。これに対し外構とは、門や車庫など家の外側にある構造物を指します。エクステリアは外構を含む家の外側全体であり、見た目をよくするのはもちろん、家の安全性を高める役割があります。
エクステリアはさまざまな要素から構成されています。出入口には門柱を建てたり、門扉をつけたりすることが一般的です。門柱には表札や照明をつけることが多くなっています。
車のあるご家庭では、駐車スペースが必要です。屋根をつけたり、車庫を建てたりすることもあります。周りを囲む外壁やフェンス、玄関までのアプローチ、建物とつながっているベランダやテラスなどもエクステリアの重要な構成要素のひとつです。

エクステリア選びのポイント

現在では和風だけでなく洋風の住宅も増えています。住宅の変化にあわせ、洋風デザインを取り入れた外観も多くなっています。
エクステリア選びでもっとも重視すべきなのは、家の外側の使い方です。新築の際には子供を庭で遊ばせたい、ガーデニングを楽しみたいなど、希望を叶える外観を目指しましょう。目隠しになる外壁やフェンスには防犯の役割もあります。デザイン性と防犯性の両立も重要なポイントです。
エクステリアの使い方はずっと同じというわけではなく、ライフステージによって変化します。車を2台停める必要が出てきたり、手すりやスロープが必要になることもあるでしょう。ライフステージの変化に応じてリフォームすることで、暮らしやすくなります。
また、家の外側は雨風や日光にさらされるためメンテナンスの必要も出てきます。素材を選ぶ際には、耐久性も考慮することがおすすめです。

東大阪でエクステリア工事を行う際の注意点

外観の一部をリフォームする場合には、敷地全体のことや周辺の環境についても考える必要があります。カーポートを設置する場合は前面道路の幅や高低差、デッキを作るときは外からの視線なども重要なチェックポイントです。
外から見えにくいことは重要ですが、見通しが悪くなると泥棒が入りやすくなってしまいます。カーポートや塀などは、足場になる可能性もあるため注意が必要です。
デザインや素材は、建物との統一感も重要になります。建物の色や素材など似合ったものを選ぶようにしましょう。
実際に工事を行う際には、季節にも注意する必要があります。屋外での工事は天候に左右されるため、梅雨の時期は避けるのが無難です。また、降雪地帯では冬季には工事ができません。
花壇を作ったり砂利を敷いたりなど簡単なリフォームはDIYも可能ですが、多くの場合、工事は業者に依頼することになります。東大阪で工事を依頼するなら、手厚いサポートが受けられる地元密着型の業者がおすすめです。

2016年度リフォーム成約工事高大阪府第1位、2015年には大阪府第2位となっています。 大阪八尾市、東大阪市、堺、摂津、奈良の全面改装リフォーム・リノベーションならお任せください。 お客様の信頼を得るために自社施工を行っています。 暮らしに合ったリフォームを提供できます。 最初から最後まで一人の担当者が対応してくれるので要望に応じで細かく現場管理してくれます。 エクステリアのリフォーム相談は東大阪ならMidori

ピックアップ記事

東大阪のエクステリア工事でバリアフリーを実現

個人差はありますが、誰しも年齢を重ねると、以前に比べて体が思うように動かないと思うようになります。玄関アプローチの階段がきついと感じたり、小さな段差につまづいたりすることも増えてきます。外に出るのが億...

車庫も作れる東大阪のエクステリア会社

車がある家庭では、どこにどのように駐車するかが問題となります。駐車スペースも、エクステリアの一部です。屋根のない場所に置く場合は、駐車場やカースペースと呼ぶのが一般的です。屋根だけがある場合はカーポー...

東大阪のエクステリア工事でバルコニーをリフォーム

2階以上に、洗濯物を干すベランダやバルコニーがある家もよく見られます。ベランダとバルコニーはどちらも手すりがある点では共通していますが、両者の違いは屋根の有無にあります。屋根があるのがベランダ、ないも...

目隠しエクステリア工事を東大阪で行うには

隣家を見通せる場所に窓やベランダ、縁側などを設置する場合は、目隠しをする必要が出てきます。民法はこれらの施設が境界線より1メートル未満にある場合には、目隠しの設置を義務付けています。1メートル以上であ...